耐震と制震と免振について

こんにちは、イエナビスタジオ天白店の松岡です。


今回は家の構造、特に耐震や制震や免振の違いについてお話いたします。

 

 

 

 


下記にそれぞれの特徴と留意点についてまとめてみましたのでご参考ください。

 

 

 

 

 


耐震構造

 

特徴

柱や梁、耐力壁、筋交いなどで建物の強度を高め、建物が崩れたり倒れたりしないようにした構造

 

 

留意点


・揺れが激しく、特に建物の上部ほど激しく揺れる
・建物の倒壊、損壊はないが、損傷の恐れがある
・繰り返しの揺れでは破壊が増す恐れがある
・震災後の修繕にコストがかかる恐れがある

 


制震

 

 

特徴

建物と地盤との間に免震装置を設置し、変形して地震の揺れを吸収。建物に揺れが直接伝わらないようにした構造

 

 

​留意点

・鉄筋コンクリート造に向く
・縦揺れに対して横揺れほど効果を見込めない
・長周期地震動に共振しやすい
・建設コストが割高になる
・定期点検、大地震直後の臨時点検が必要
・軟弱地盤や液状化の恐れのある地盤には向かない場合がある

 

 

免振

 

 

特徴

柱や梁の間に地震や風などの揺れを吸収・減衰する装置を入れ、揺れを抑制する構造

 

 

留意点

・軽くて構造が軟らかい建物に効果
・制震装置を設置する位置や数によって効果に差が出る
・費用は比較的、安価
・メンテナンスフリー

 

 

 

 


まとめると上記のような感じになります。

 

 

 

アールギャラリーの分譲住宅はすべて構造計算し、耐震等級3相当で設計しております。

 

 

 

詳しくお話聞かれたい方はイエナビスタジオまでお気軽に足をお運びください。

専門知識を持ったスタッフがご説明させていただきます。